就職支援
就職についての取組

特別な支援プログラムと普段の授業の2本柱で学生を就職へと導きます

福工大では、「就業力育成プログラム」を中心とした正課(授業)での取組みと就職課を中心とした「支援プログラム」の両面で学生を就職に導いていきます。まずは基本となる「就業意識」を正課で醸成し、支援プログラムでは実際の活動に即して必要となる知識や技術を身につけていきます。その上で教員・職員が一体となって学生一人ひとりに向き合い、対話と指導を継続、単に内定を獲得するだけでなく、就職後も「よりよき社会人・企業人」へ万全のサポートを行います。

就職についての取り組み

人間力

学問的知識や技術の修得だけではなく、コミュニケーション力・主体性といった企業が求める力を鍛えるためのカリキュラムを用意。社会や企業に求められる総合的な人間力を養います。

企業とのネットワーク力

学生が多くの優良企業に出会えるよう、専任職員が九州・山口の企業を年間750社程度訪問し、ネットワークを強化・拡大しています。また、東京事務所も開設しており、関東の企業訪問・開拓も行っています。

就業力育成の取り組み

就業力の構成要素を「志向する力」、「共働する力」、「解決する力」、「実践する力」の4つに分解したうえで、それぞれの趣旨に適う学科目を配当しながら全学的なカリキュラム整備を進め、「就業力育成プログラム」として体系化、学士課程を通じた段階的な就業力の育成を図ろうとするものです。
取組の詳細は「就業力育成支援GP「4つの力」育成によるキャリア形成支援」ページをご確認ください。

就業力育成支援GP「4つの力」育成によるキャリア形成支援

就職支援力

教職員はもちろん、内定が出た先輩もみなさんの就職活動をサポート。「就職支援、日本一」「就職は教育の一環」をモットーに、万全の支援体制で学生一人ひとりの夢を応援します。

資料請求

FIT力 磨け!自分”力” インタビュー

資格取得