なぜ「就職の福工大」と呼ばれているのか?

4つの解答をご紹介いたします

課外活動

社会に出てから役立つ力を養う課外活動。

社会に出て活躍するための人間力を身につける環境が、課外活動に数多くあるのも福工大の特徴。
学生自身が主体的にさまざまな活動を行うことで、社会に出てから役立つ力を養うことができます。
いろいろなことにチャレンジし、楽しみながら自分を成長させる機会がたくさんあります。

FIT隊

活動を通して社会に必要な力が身につく

FIT隊が担当する活動の一つであるオープンキャンパススタッフは、福工大に興味を持っているたくさんの高校生や保護者と関わることのできる楽しい仕事。この貴重な経験を通して、丁寧な対応と心配りが自然と身につきます。また、当日起こるさまざまな事態に臨機応変に対応する必要があるため、緊急時の問題解決力やコミュニケーション能力といった社会に出てから必要となる力を養うことができます。

写真:水色のチームTシャツを着用した3人の女子学生と1人の男子学生。オープンキャンパスの受付に立って、来訪者に渡すパンフレットを両手で持っている。

モノづくりセンター

モノづくりに夢中になれる環境で就業力をアップ

学生が自由にモノづくりを楽しめる「モノづくりセンター」は、授業だけでは学べない専門的な知識や技術を身につけることができる実践学習の場。ソーラーカーやロボコンといったプロジェクトが多数活動しており、それぞれが、計画を立て、予算を出し、役割分担に沿ってモノづくりを行い、報告するというPDCAサイクルで運営されているため、社会で活躍するために必要な力を養うことができます。

写真:2足歩行型ロボットと、ロボットを扱っている2名の男子学生

FIT-ICE(国際交流愛好会)

学生主体の国際交流サークル

まだ若いサークルですが、在籍人数はすでに60名以上。ICEは、International Cultural Exchangeの略。国際交流に興味がある学生なら誰でも参加することができる楽しいサークルです。活動内容は、留学生との交流イベントの企画・運営の他、短期留学生に対する各種サポート、留学経験者である先輩による英語レッスンなどさまざま。ぜひ気軽に参加して、グローバルマインドを身につけましょう。

写真:チームTシャツと法被を着てポーズをとっている学生達

FIT女子会

会員は女子全員! 楽しく学んで交流を広げます

目的は、女子学生が大学生活に安心でき、学ぶ意欲を高めること。「マナー講座」や「博多座観劇」など月1程度のイベントを通し、女性としての知性や品位を養いながら友だちづくりもできます。

写真:レストランでお洒落している女子学生達

学生自治会

社会勉強をしたい人はぜひ「学生自治会」へ!

学生自治会実行局では、1年生から3年生までのメンバーが一丸となり、サークルの自治・サポートや学園祭の企画・立案などの活動を行っています。学校に対してこうした提案をしていくことは、社会に出てから役立つ大きな経験になるはずです。

写真:浜辺で設営している男子学生達

えこFIT

学内売店のレジ袋削減で驚異の成果を出した環境活動組織

社会環境学部の教育理念に基づいて運営する学生組織として、5つの専門部を設け、学内売店のレジ袋削減活動やペットボトルのキャップ回収活動などを実施。学外の支援団体、他大学との連携・交流も盛んに行っています。

写真:学内の売店にエコバックを設置している3名の学生

地域貢献

近隣の人々との交流を育む“地域に根ざした大学”へ

大学と地域は、より良いまちづくりを行うための大切なパートナー。大学での研究成果を発信し、地域の人々の向学意欲をサポートするとともに、防犯活動や清掃活動を行い地域社会を支えます。

写真:地域の防犯活パトロールを行っている学生達