カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
電気工学科

学修領域(教育分野)

  1. 電気機器システム工学
  2. 電子回路・物性デバイス工学
  3. システム制御工学
  4. 電気エネルギーシステム工学

カリキュラム編成の基本方針

本学科では、数学・電気回路・電磁気学などの基礎教育と、電気機器・電子回路・物性デバイス・システム制御・電気工ネルギーの4領域に及ぶ充実した専門教育を実施する。
また、種々の科目と有機的に連携した実験・実習科目により、知識を応用する力を伸ばす。さらに、資格取得も積極的に支援し、就業力育成科目と連携して、志向する力・協働する力・解決する力・実践する力を身につけた、広い分野で活躍できる人材を育成する。これらの力を効率的に身につけるために、アクティブ・ラーニング、反転講義を取り入れている科目もある。
また、1~3年次で学修した電気工学分野の知識・技術を総合的に応用して、問題を解決できる実践的能力を身に付けているか確かめるために、総合科目・演習を設けている。

年次別科目の配当方針

1~2年次では、専門科目を理解する上で欠くことのできない数学・物理などの基礎科目と、電気回路や電磁気学などの基礎知識を習得する。また、就業力育成科目で技術者として働くための社会人基礎力を養う。

2~3年次では、電気エネルギー工学、半導体工学、システム制御工学など重要な専門科目を学習する。また、充実した実験・実習を通じてモノづくりの基礎力と応用力を養う。さらに、電験の資格取得を目指すことができる。

4年次の卒業研究では、研究の進め方や課題解決法、実験技術などを身に付ける。

学修成果の評価の在り方

講義科目の学修成果は主にアセスメントテストで、演習・実験科目の学修成果は主に作品・レポートで評価する。3年次後期に、電気工学分野の知識を総合的に修得しているか、「電気工学総合」という必修科目で確認試験を行う。また、4年次終了時に卒業研究発表会において口頭試問を行う。

コース説明

電気総合エンジニアコースと電気開発エンジニアコースを設ける。開発エンジニアコースは、「エンジニアリングデザインⅡ」、「メカトロニクスⅡ」、「パワーエレクトロニクス」、「電子回路Ⅱ」、「ディジタル回路」および「システム制御工学Ⅱ」といった授業科目をコース必修科目として配することによって、より応用力と問題解決力を身につけることができるカリキュラムとなっている。

カリキュラム一覧

工学部 情報工学部 社会環境学部

資料請求

資格取得