工学部生命環境化学科生命環境化学基盤コース/生命環境化学アドバンスコース

生命環境化学科オリジナルサイト

無限の可能性に「化ける」学び

私たちを取りまく自然環境や資源・エネルギー問題、生きる上で大切なバイオや食品に関わる課題。いずれの分野においてもそれら多くのテーマを解決するには、「化学」「物理」「生物」をベースにした知識の修得、応用する力と技術が必要です。ここ生命環境化学科は、基礎から応用までしっかり学べる充実したカリキュラムと幅広い研究分野が特長です。将来、さまざまな分野での課題に対して柔軟に対応できる技術者を育成します。未来のテクノロジーを支える新たなひらめきが、今日もこの場所で生まれています。

学習領域

化学を基本に4つの分野を実践的に学ぶ「環境/エネルギー」「物質化学」「バイオ」「食  品」

1〜2年次は化学の基礎を学び、3年次にはそれぞれの分野を専門的に学修。4年次の卒業研究や大学院では、これら四つの分野の研究に没頭します。化学は実験の学問でもあります。より多くの実験科目を通して、座学だけでは学べないさまざまな知識・経験を積むことができます。

学びのキーワード

  • 資源・エネルギー
  • 環境汚染問題
  • 環境分析
  • ナノマテリアル
  • 機能性材料
  • バイオテクノロジー
  • 遺伝子工学
  • 加工食品
  • 機能性食品
  • 化粧品

卒業後の進路

  • エネルギー系研究・技術者
  • 化学系研究・技術者
  • 化学メーカー
  • 企業内研究員
  • 化粧品会社
  • 中学校・高校教員
  • 材料メーカー
  • 食品・医薬品メーカー
  • 半導体メーカー
  • プラントエンジニア

4年間の流れ

1年次

自ら考え行動する。 主体性や計画性が 身につきました。
末嶋 紗理 さん (福岡県 筑紫台高校 出身)

高校時代、数Ⅲや生物などを履修していなかったので少し不安でしたが、基礎数学や生物学などの専門基礎科目で丁寧に授業が進むので理解することができました。先生方が快く質問を受け付けてくださるので助かっています。学びたいと思っていた素粒子物理学を研究する基礎が固まりつつあることに喜びを感じながら、向上心を維持し貪欲に学び続けたいです。

理系科目を中心に
基本から学び
技術者としての基礎をつくる

数学・化学・生物学・物理学など、技術者として必要な基礎科学分野を中心に学び、2年次からの学びの土台をつくります。また、高校で履修しなかった科目に関しても、しっかりとフォローします。後期からは実験室での化学実験も始まり、実際に器具や装置の使い方、安全教育、実験フローの作成、レポートの書き方などを学びます。

Pick Up 授業

化学実験

化学実験をおこなう上で不可欠な基本的スキルを修得。アセチルサリチル酸の合成や酸塩基滴定など、さまざまな実験を行い、座学では学べない、化学実験に必要な基本操作や器具の取リ扱いなどを体得します。さらに化学への理解を深めながら、技術者としての正しい形式・言葉遣いでレポート作成をおこなう訓練としても重要な授業です。

続きを読む

2年次

応用力が試される 演習や実験の 授業が面白い!
辻野 周也 さん (福岡県 北筑高校 出身)

入学当時は物理が苦手でしたが、今では得意科目に! 2年次は「生物学実験」など実験の授業が充実。実践しながら答えを導き出すことができ、人によって辿りつくルートが違う実験の魅力に気づきました。仲間と共同で教え合いながら学ぶアクティブ・ラーニングの授業は、特に内容が身につきやすく、学カアップを実感しています。

知識を発展させるとともに
数多くの実験を通じて
スキルアップを目指す

物理化学・有機化学・環境科学など、生命環境化学各分野の発展的な科目を中心に学ぶことで、広い視野と深い思考カ・分析力を養います。また、生物学実験や機器分析化学実験など、たくさんの実験をこなすことで、より正確でスピーデイーな実験をおこなうスキルを高めていきます。3年次のコース選択に向け、目指す将来を考える時期でもあります。

Pick Up 授業

機器分析化学実験

生命環境分野でよく利用されている機器分析法のうち、1年次に使用していない蛍光分光法、ICP発光法、HPLC、TOC分析法、キャピラリー電気泳動分析法、電気化学分析法の原理及び使用方法をマスターするとともに、標準試料や実試料の分析を行い、データを整理し、科学的な考察を行います。

続きを読む

3年次

使った人を 笑顔にできる 化粧品を作りたい!
藤 和奈 さん (福岡県 福翔高校 出身)

化粧品に興味があり、また面倒見の良さにも魅力を感じて本学科を選びました。実は化学が苦手だったのですが、丁寧で親切な授業や自分で考えながらおこなう化学実験などで理解が深まるにつれ「化学は面白い」と思えるように。4年次はいよいよ卒業研究です。学びの集大成として真剣に取り組み、併せて美容分野への就職という夢も叶えたいと思います。

コースに分かれそれぞれの
専門分野を深めることで
技術者として飛躍する

物質工学やエネルギー循環工学など物理・化学をベースにした「環境/エネルギー・物質化学系」、分子生物学や食品微生物学などの生物・化学をベースにした「バイオ・食品系」の二つのコースに分かれ、各専門分野の発展的な学修へと大幅にシフトします。より高度な実験機器を利用する機会も増え、技術者としてより一層のレベルアップを目指します。

Pick Up 授業

<環境/エネルギー・物質化学系>
環境物質工学実験

液晶や高分子などのナノ物質、光触媒などの環境浄化材料、太陽電池などのエネルギー関連、資源・リサイクルの実験を行います。最先端の知識を修得するとともに、電子顕微鏡などの高度な操作も身につけます。

Pick Up 授業

<バイオ・食品系>
環境生命工学実験

バイオ関連分野の各種実験を実施。「細菌の同定試験」「DNAの分離・精製」「電気泳動によるタンパク質の解析」など、微生物学・生物工学・遺伝子工学等のバイオ関連テーマの実験を行います。

続きを読む

4年次

どうなるか 分からないから面白い! とにかく 「やってみる」ことが 大事です。
原野 浩之 さん (福岡県 浮羽工業高校 出身)

結品構造が微細で誘電率が高く、光ファイバーなどに応用できるナノ結晶分散ガラスの研究をしています。試料の配合を微妙に変えてどのような特性を持つガラスになるかのデータを蓄積。根気強く実験を続ける必要があるので、装置や設備が整っていることが本当に有り難いです。研究内容を活かせる仕事に就き、今までの学びを活かせるように頑張ります。

4年間で学んだ
知識や技術を組み合わせ
研究に没頭

1・2年次で学んだ各科学分野の基礎と、3年次で学んだ高度な応用分野の知識や技術を結集し、各研究室で大学院生の先輩方とともにチームを組んで研究に取り組みます。研究では環境問題の分析から、それを解決する素材や技術の開発まで、各研究室それぞれ独自の方法でアプローチし、さまざまな環境問題の解決に取り組みます。

研究テーマ例

  • 天田研究室

    環境汚染物質を分解する酵素の解析

    環境汚染物質を分解する微生物を分離培養し、それらの遺伝子や酵素を精製し、解析しています。

  • 宮元研究室

    天然物から合成する蠣境にやさしいナノ物質

    水と粘土鉱物から得られるハイテク素材「無機ナノシート液晶」を庵分子素材と組み合わせる研究を行っています。

  • 呉研究室

    新規生体・環境分析法の開発

    光や電気泳動や金ナノ粒子を利用した新規生体・環境試料の分析を進めています。

  • 北山研究室

    ソーラーフュエル:水の光電気化学分解による水素生成に関する研究

    無尽蔵の太陽光エネルギーによって水を分解し水素を得るこの新技術は、エネルギー問題を解決します。

  • 桑原研究室

    化粧品の素材ならびに評価に関する研究

    九州産の天然資源に含まれる成分を分析し、化粧品の素材になり得る成分の研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

廃棄物の研究が地球環境を救う

久保研究室

廃棄物から有価資源を分離回収する

資源は掘ればなくなり、残されるのは、良質のものが取り除かれた、低品質の資源ばかり。そんな低品質の資源を使えるようにする技術や、廃棄物から有価資源を分離回収する技術を開発中です。これは廃棄物の低減にも直結する研究で、環境や資源ひいては地球規模の問題解決の糸口が生まれようとしています。

三田研究室

有機物分析を通じて
環境と生命活動の関係を探る

有機物を多く含むモール温泉の成分分析や、生命の誕生に不可欠なタンパク質がどのように生成されたかなどを調べることで、環境の変化に対してどのように生物は適応していくのか、生命はどのように誕生したのかを考えます。地球外生命についての知見が得られることも期待される研究です。

蒲池研究室

コンピュータシミュレーションと
理論化学による化学探求

累新の計算化学の手法を使い、化学の複雑な現象をコンピュータでシミュレーションする研究です。材料や触媒などの物質化学、酵素や創薬などの生命化学を含む、幅広い分野に応用が可能。実験では分からない問題も、コンピュータシミュレーションなら解答を与えることができます。

資格

食品系資格や中学校教諭(理科)に対応したカリキュラムと資格取得支援。

食品衛生管理者、食品衛生監視員や毒物劇物取扱責任者資格取得の認定校になるなど、食品化学や物質化学、生命化学、環境分野の資格取得に向けた支援が充実しています。

取得できる資格 食品衛生管理者、食品衛生監視員 / 毒物劇物取扱責任者
取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業、理科) / 中学校教諭一種(理科)
※本学で唯一、理科の教員免許が取得できます。
取得を支援している資格 公害防止管理者(水質) / 危険物取扱者(甲・乙) / 環境計量士 / 環境測定分析士 / バイオ技術者認定 / NR・サプリメントアドバイザー®

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

就職率 98.6%

(2019年3月卒業者実績)

 
  • 全卒業者………………79
  • 就職希望者…………………70
  • 就職者…………………69
  • 大学院進学者数…………………6
【就職状況】

⟨ 就職先一覧 過去3年実績 ⟩ 一部抜粋

※順不同 ※法人名称はすべて略称 ※企業名は採用時のものです

日本テキサス・インスツルメンツ/伊藤園/東芝プラントシステム/山崎製パン/再春館製薬所/西部電気工業/ダイショー/ゼンショーホールディングス/福岡銀行/西日本シティ銀行/ロイヤルホールディングス/ソニーセミコンダクタマニファクチャリング/ユニチカ/三井ハイテック/日本郵便/新興プランテック/九電工/コスモス薬品/フランソワ/山九

内定者メッセージ

広く深く学んだことが強みになりました。
就職支援にも助けられ学びを活かせる企業へ。

吉岡 優里 さん

工学部 生命環境化学科 4年 (山口県 小野田高校)
内定先:テルモ山口株式会社

生命系・物質系・食品系と幅広い分野を学べる本学科を選択。化学における幅広い知識と、広い視野を持つための応用力を修得することができました。卒研では美白化粧品に含まれる有効成分を研究。専門性と総合力が強みになったと感じています。きめ細やかな就職支援にも助けていただき、学びを活かせる企業に内定をいただくことができました。

学びたかった分野に集中できた4年間。
人に喜ばれる化粧品を開発したいです。
 

折田 幸駿 さん

工学部 生命環境化学科 4年 (福岡県 戸畑高校)
内定先:ジェイオーコスメティックス株式会社

化粧品に携わる仕車がしたいと思い、就職率が高くバイオ系が学べる本学科を志望。酵素化学や生物有機化学を履修してきました。就職活動は一時行き詰まりましたが、就職課の方に視野を広げるようアドバイスをもらい専門知識をアピールし内定をいただくことができました。念願の化粧品会社で、多くの人が喜ぶ商品を開発していきたいと思っています。

教員メッセージ

化学を基盤に環境・エネルギー、物質化学、バイオ、及び食品を横断学修。
研究職・技術職、技術営業職としても活躍。

生命環境化学科 学科長 呉 行正 教授

本学科は、化学を基盤に、環境・エネルギー、物質化学、バイオ、及び食品という重要テーマを横断して幅広く学修します。実験科目をコア科目とした学び方や最先端の研究に取り組む卒業研究などを通して、各分野の基礎知識が身につくだけでなく、実験結果の考察力、論理的思考力、豊かな発想力、及び実践力が培われるのが特徴です。多彩な企業に求められる人材を育み、社会の発展に貢献します。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ