学部・大学院工学部

工学部オリジナルサイト

これからの時代の「モノづくり」を担う
創造力豊かな技術者を育成。

学科紹介

電子情報工学科電子情報工学科
  • 学びの基礎を修得する専門基礎科目・プログラミング分野
  • 携帯電話・情報家電など電子情報機器の動作原理・製作技術、コンピュータ技術を修得する電子工学分野と情報工学分野
  • ひらめきとアイデアで"モノ"を創り動かすことを修得する電子情報工学の総合分野
生命環境科学科生命環境化学科
  • 半導体、無機材料、有機材料、機能性素材、ナノマテリアルなどの物質化学・物質工学分野
  • 生物化学、有機化学、遺伝子工学、環境微生物学など幅広い専門分野及び食品分野
  • 太陽光発電や次世代電池、レアメタル、資源リサイクルなどの環境エネルギー分野
知能機械工学科知能機械工学科
  • ロボット・自動車・飛行機など知能機械の設計開発に関わるメカトロニクス分野
  • コンピュータでの解析やCAD・CAMによる機械システムの設計製造に関わる機械設計分野
  • 実際のモノづくりに必要な機械材料や設計・製図などに関わる機械工作分野
電気工学科電気工学科
  • 電気エネルギーの発生や輸送・貯蔵に関わる電気エネルギー分野
  • 電気自動車・高速鉄道・超微細モータなど 動力発生や省エネルギーに関わる電気機器分野
  • ロボット・省エネルギー・家電製品の開発など 快適な生活空間の創造に関わるシステム制御分野

工学部長メッセージ

現代の「モノづくり人」として
必要なすべてを学ぶ。

工学部長 倪 宝栄 教授

いま「モノづくり」の現場で求められるのは、知識や技術に加えて、現場での応用力やコミュニケーション力、チームを引っ張る統率力です。工学部ではそれらの「実践的な力」を養うため、確かな基礎や理論の上に豊富な演習やグループワークを取り入れたカリキュラムを採用。柔軟さとやる気さえあれば大きく成長できる環境を用意して、みなさんをお待ちしています。

工学部のアドミッションポリシー

養成すべき人物像

本学部においては電子工学、情報工学、生命環境化学、機械工学、電気工学の各分野において社会人として自立し、グローバルな視点から社会に貢献する問題発見と問題解決ができる実践型の人材の養成を目的とします。

求める人物像

数学、理科、英語の高校卒業段階で求められる基礎的素養が身についており、工学部各学科の学問分野に強い興味をもっていることが求められます。入学後は様々な課題を解決することが求められます。そのためには基礎的素養を高めるだけでなく、思考力や判断力、表現力を備え、それを高めるために努力を怠らず、主体的に学習する意欲を持ち、実践する強い意思も同様に求められます。一方、他者と協調し、学習を進めていくためにコミュニケーション能力をもつとともに、他者に迷惑をかけないためのマナーなどを身につけておいてください。

入学者選抜での観点

全ての試験において入学時に求められる数学、理科(化学・生物・物理)、英語などの基礎知識やその応用力、思考力、表現力、希望する学科の学問に対する積極性やコミュニケーション能力などを評価します。筆記試験では、センター試験等も利用しこれらの能力が十分に備わっていることを評価します。調査書、推薦書、面接や小論文による試験では、数学・理科・英語などの学力、思考力や表現力、志望学科学問に対する積極性やコミュニケーション能力が備わっていることを総合的に評価し判断します。いずれの試験においても志願者が本工学部・各学科の求める人物像と合致しているかを判断し、入学者選抜を行います。

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ