学部・大学院情報工学部

進化する高度情報化社会を担う
問題解決能力に優れた技術者を育成。

学科紹介

情報工学科情報工学科
  • ソフトウェア開発・Webデータベースなどソフトウェアに関するプログラミング分野
  • コンピュータグラフィックス・ネットワーク技術などコンピュータの応用に関する分野
  • 画像処理・自然言語処理・ロボット工学など情報工学に関する人工知能関連分野
情報通信工学科情報通信工学科
  • クラウドコンピューティング、ソーシャルネットワーク、オブジェクト指向などのソフトウェア分野
  • インターネット・光ブロードバンドなど高度情報通信技術に関わるネットワーク分野
  • スマートフォン・Wi-Fi・地上波デジタル放送など無線・モバイル通信分野
情報システム工学科情報システム工学科
  • プログラミングやネットワークなど、次世代の情報システムを支える情報技術分野
  • 産業・医療・福祉など、省人化の社会ニーズに応えるロボット制御分野
  • 人に優しく使い勝手の良い情報システムの開発に不可欠な生体システム分野
システムマネジメント科システムマネジメント学科
  • 自動車の製造、医療福祉などのサービス供給に関してビジネス効率化を図るプロダクションマネジメント分野
  • 企業経営に関する理論と実務を対象にした経営工学分野
  • コンピュータグラフィックス・Webデザインなどのマルチメディア分野

情報工学部 4学科の特徴

情報工学部では、専門基礎科目をベースに、それぞれの学科で専門性の高い学びを実施。
専門分野を深めていきながら他学科の学びを共有することもでき、幅広い知識を身につけることができます。
「情報工学科:情報科学、コンピュータ科学」「情報通信工学科:通信工学、情報ネットワーク」「情報システム工学科:ロボット工学、生体・情報・制御」「システムマネジメント学科:経営情報学、情報メディア」●専門基礎科目(プログラミング・計算機工学・コンピュータリテラシー・情報工学の基礎など)●基礎科目(数学・物理など)

情報工学部長メッセージ

発展し続ける情報化社会を
生き抜くために。

情報工学部長 木室 義彦 教授

ここ10年の情報化社会の進展は、目を見張るものがあります。本学部は、そんな情報化社会を担う優秀な技術者を育てるために、情報工学をさらに4つの分野に細分化し、より深い知識と技術の修得を目指しています。技術は、ひとりでは完成しません。学生たちには、多くの人と協力し合いながら、まだ知らないこと、わからないことに興味と好奇心を持って挑戦し続けて欲しいと思います。

情報工学部のアドミッションポリシー

養成すべき人物像

現代は、コンピュータ、ネットワーク、ロボット、e-ビジネス等々のキーワードに象徴される高度情報化社会です。進化を続けるこのような高度情報化社会に対応し、福岡工業大学は、4つの学問領域でより先進的、先駆的な情報科学技術を創造、発展させると同時に、次代を担う情報技術者を育成することにより、21世紀の社会と世界に貢献します。

求める人物像

情報工学部では、4つの学科の特徴や違いを理解し、深化する高度情報化社会の4つの領域のさまざまな場面に応用できるスキルを身に付け、社会で活躍することを目指し、情報技術と共に最新技術をしっかり学ぼうというチャレンジ精神旺盛な学生を求めています。情報技術に関する「基礎的・基本的な知識・技能」だけでなく、4つの領域毎に顕著に現れる課題に対し、「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等」を身につけ、さらに、予想を超えて進化・深化する高度情報化社会においては、分野の枠にとらわれずに「主体的に学習に取り組む態度」を獲得したいと自覚する学生を求めます。

入学者選抜での観点

上記の能力を大学で修得するために高等学校までに備えておく知識・能力として、本学部の入学試験では、情報科学技術に一般的に必要とされる「数学」、「理科」、「英語」で多元的に評価・選抜します。各学科の専門分野を理解・修得する素養を評価するために、学科毎に科目や分野の指定を行う場合もあります。高等学校で履修していない科目があっても、入学後の専門基礎教育を通じて知識と技能を修得できる意欲と能力を測るために、面接や高等学校からの推薦や評定書を元に評価・選抜するものもあります。

資料請求

オープンキャンパス

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ